ウエストが太い原因と細く引き締める方法

         
 

この記事では、ウエストが太い原因と細く引っ込める方法を解説します。
この記事を読むと、

  • なぜウエストが太くなるのか?
  • ダイエットやトレーニングをしても細くならない理由
  • 具体的に何をすればウエストが細くなるのか?

こういった疑問が解決できると思います。早速お伝えしていきますね。

この記事では、ウエストが太い原因と細く引っ込める方法を解説します。

この記事を読むと、

  • なぜウエストが太くなるのか?
  • ダイエットやトレーニングをしても細くならない理由
  • 具体的に何をすればウエストが細くなるのか?

こういった疑問が解決できると思います。早速お伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

ウエストが太い原因

ウエストが太い原因は、以下などが考えられます。

  • 脂肪がたくさんついている
  • 丸くなるような座り方
  • お腹にリンパ液が溜まっている(むくみ)
  • 便秘+ガスが溜まっている
  • 胃下垂や骨盤が開いている

これらはつながりがあるので、詳しく解説します。

脂肪がたくさんついている

これは多くを語らずしても、イメージつきますよね。

食べ過ぎ+運動不足

で脂肪がついてしまうと、当然ウエストは太くなります。本当に知ってほしいことは、ここからです。

丸くなるような座り方

日頃、会社や自宅で何気なく座っているとき、こういう丸まった座り方になっていませんか?

この座り方をしていると、姿勢が崩れてお腹が圧迫されます。そうすると、全体の姿勢も崩れて、お腹にたるみができます。

脂肪が燃焼するときには酸素が必要ですが、こういう座り方をしていると呼吸が浅くなって、脂肪が燃えづらくなり、脂肪がついてしまう。

お腹のリンパ液が滞っている

さらに問題は、お腹を圧迫することでリンパ液の滞り(むくみ)がひどくなるということです。

一般的にむくみというと、

  • ふくらはぎ
  • 足首

など、下半身をイメージしがちですが、実はお腹も下半身と同じぐらいむくみます。お腹がむくみとウエストのサイズはかなり太くなりますし、周りの組織にも悪影響が出てしまいます。

便秘+ガスが溜まっている

リンパ液が滞ると、周りにある腸などの働きも悪くなりますし、座り方が崩れることなどと合わせて便秘にもなりやすくなります。

便秘になるとガスも溜まり、お腹はポンポンに張ってしまう。ここまでの一連の流れを聞いて、

もしかして…私に向かって言ってる?

と思った方は、おそらくすべてに当てはまっているはずです。これらが合わさった結果、ウエストが太くなっていると考えられるんですね。

胃下垂や骨盤が開いている

さらにウエストが太くなる原因をあげると、

  • 胃下垂:胃の位置が下がってお腹が太くなる
  • 骨盤が開く:内臓が下がり、下腹部が太くなる

などの原因も考えられます。特に、出産後にウエストが太いと感じる方は、骨盤の開きが関係しているかもしれません。

では、こういった原因で太くなったウエストは、どうすれば細く引き締めることができるのでしょうか?

 

ウエストを細く引き締める方法

主に5つの方法でウエストを引き締めることができます。

  1. スクワットで姿勢を整える
  2. 身体を揺らして循環を改善する
  3. 腸を刺激する
  4. 身体を縦に引き伸ばすトレーニング

これらをすべて行えると、確実にウエストは細くなりますよ。それぞれ解説しますね。

①スクワットで姿勢を整える

この方法の目的は、しゃがみ込みを利用して筋肉を緩め、姿勢を整えるということ。かなりシンプルで結果もわかりやすい方法ですね。

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先を違和感のない程度に軽く開く
  2. 足裏全体に体重を乗せる
  3. 自分の身体を重力に任せるようなイメージで、真下にしゃがみ込む
  4. このとき、体重がつま先の方へ偏らないように、ただただ真下に落ちる
  5. これを気持ち良く、20回ほど繰り返す

②身体を揺らして循環を改善する

次は、リラックスしてただただ身体の各部を気持ち良く揺らすだけ。そうすると、お腹の循環も改善されて、さらにウエストが細くなってきますよ。

手順

  1. 脚を肩幅に開き、全身をリラックスさせる
  2. 腕や肩、体幹や脚などをぶらぶら気持ち良く揺らす
  3. これを合計で5分間行う

イメージとしては、全身がポンプになった感覚ですかね。リンパ液は下から上に向かって流れるので、全身のポンプを活用してお腹の循環を改善していきます。

③腸を刺激する

次は、体幹を左右に軽く捻り、腸を刺激していきます。

手順

  1. 仰向けの状態で、両膝を90度ぐらいに立てる
  2. 脚を揃えた状態で、両脚を左右にリラックスして倒す
  3. このとき、腸が捻られるようなイメージで繰り返す
  4. これを2分間行う

膝を倒すと同時に、口から息を吐くとより腸を刺激できますよ。ここまでの流れで、ある程度ウエストは細くなっているのがわかると思います。

ちなみに便秘で悩む方は、お腹の左側を軽く擦るのも便秘改善に効果的ですね。

④身体を縦に引き伸ばすトレーニング

お腹には空洞があって、その空洞を埋めるように、身体を縦に引き伸ばすとよりウエストを細くできます。

手順

  1. 椅子に座った状態で、軽く骨盤を前傾させる
  2. 肩の真上辺りで軽めのダンベルやペットボトルを持つ
    (なければ手だけでもOK)
  3. 両手を頭上に万歳するように上げる
  4. このとき、できるだけお腹を縦に引き伸ばしつつ、口から強く息を吐く
  5. これを20回×3セット行う

20回×3セットを毎日してみてください。1週間もすれば、ウエストサイズは2~3cm細くなるはずですよ。それぐらい、お腹には空洞があるということです。

身体を縦に引き伸ばすとウエストが細くなるというのはイメージできましたか?これは、日頃の歩くときにも応用できます。

歩くときに重心を引き上げて歩くと、さらにお腹の空洞を引き締められ、ウエストを細くできますよ。

手順

  1. 肩をすくめるように重心を引き上げる
  2. 重心を高い位置に保ったまま、肩だけリラックスする
  3. 胸辺りを前にスーッと運ぶようなイメージで前に進む
  4. 手脚はリラックスし、ぶらぶらにしておく
  5. 後方の足は、少し置いていくようなイメージ

重心を前に運ぶ

詳しい歩き方の解説は、「歩き方の改善方法を4ステップで解説」や「ヒールでの歩き方を5ステップで解説」でしています。

必要であれば、根本的な原因を取り除くために姿勢改善やダイエットを行います。

日頃から以下の記事でお伝えしている姿勢や動作ができると、より細いウエストを維持できますよ。

またダイエットについては、「半日断食をして2ヶ月間で-8kgのダイエットに成功した記録」を参考にしてみてください。

 

原因を取り除くことができるとウエストは細くなる

今回は、ウエストが太い原因と細く引き締める方法を解説しました。

今回の記事のまとめ

  • ウエストは、脂肪がつく、姿勢の崩れ、むくみなどが原因で太くなる
  • 原因を取り除けば、ウエストは細くできる
  • 自然体に直す、身体を縦に引き伸ばす、ダイエットをすれば確実に細くなる
  • 一番のポイントは、個人によって違うウエストが太くなった原因をみつけること

こういった内容をお伝えしました。

身体を変えることって、原因をみつけることが全てだと思います。理想の身体になるためには、こういう根本的なことにいかに気づけるかだけだと思います。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!