足首が細くならない10の理由

         

現場でも足首を細くしたいとよく相談されますが、みなさんいろんな方法を試しているけど、結果が伴わないと悩んでいるんですね。

実は足首が細くならない理由はシンプルで、あなたの足首が太くなった原因とやっていることにズレがあるということです。

頑張っているのに結果が出ないと、「もしかして遺伝なのかな…」と諦めそうになりますよね。でも、大丈夫ですよ。このズレが改善できると、足首を細くすることができます。

この記事では、足首が細くならない10の理由と改善方法について解説します。

 

スポンサーリンク

足首が細くならない10の理由

ここからお伝えすることは、実際に現場で経験した足首が細くならない理由です。読み進めながら、

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”あなた”]自分もこれしているなぁ。[/speech_bubble]

と思うことがあれば、ぜひ改善方法を参考に、どういうことをすれば足首が細くなるのかを掴んでほしいなと思います。では、早速ご紹介しますね。

①足首回しばかりしている

足首が太くなる原因に、

  • むくみ
  • 循環の悪さ

などがありますが、これらは足首回しをすることで改善ができるので、実際足首回しを習慣にすると足首は細くなります。

ただ、問題なのが、

足首回し“だけ”を習慣にしている

ということ。ネットや雑誌の情報を見ると、足首回しをすると痩せる!みたいなことも書かれていますが、そもそも足首が太くなった原因は何かというのが、メインの問題になるはず。

今よりもむくみが改善でき、それを維持できれば足首は細くなります。ただ、足首回しだけでは足りないんですね。ですので、

足首回し+根本的な問題を取り除くこと

ができれば、理想の足首に近づけるはずですよ。

足首を細くする流れは、ふくらはぎを細くする流れとほぼ同じなので、「ふくらはぎの内側が太くなる原因と3つの改善方法」を参考に、

原因を掴む→改善方法をする→根本的な問題を取り除く

この流れを掴んでほしいなと思います。

②着圧ソックスを履いて寝るだけ

これは現場でもよく聞くことで、正直着圧ソックスを履いて寝るだけでは足首は細くなりません。

着圧ソックスの役割は、

  • 履くだけでむくみが改善するもの=✕
  • むくみの再発を防ぐもの=◯

だと考えているんですね。

むくんだ足首を締め付けるだけではあまり効果はなくて、まずむくみそのものを改善する。その後に着圧ソックスを履いて、むくみが発生するスペースを埋めてしまう。

そうすると、再度むくみが発生しづらく、細い状態を維持できるというのが着圧ソックスの役割なので、

むくみを改善する→着圧ソックスを履く

という流れが必須だと思いますし、着圧ソックスを履くだけでは、ほぼ足首は細くなりません。

【簡単】脚やせリンパマッサージのやり方【効果も解説】」でケアの方法を紹介しているので、その後にいつも履いている着圧ソックスを履いてみてください。

そうすると、足首は細くなるはずですよ。もし、着圧ソックスを探している方は、「【簡単】脚やせにおすすめのグッズをトレーナーが厳選して7つ紹介」で紹介しているので参考にどうぞ。

③足首のストレッチングしかしていない

ストレッチングもよくされる方法ですが、トレーナーの僕としてはあまりストレッチングはおすすめできません。

というのは、適切にできると筋肉が緩んで、循環が良くなり、足首が細くなることはあります。ですが、

多くの方は、ストレッチングのやり方がまずい

ので、うまく効果を引き出せていないのが現状かなと。

  • 足首周りの筋肉をどのぐらいの強さで伸ばすか
  • どのくらいの時間伸ばすか
  • 意識の向け方や呼吸の仕方 など

こういった条件を適切にすれば結果は伴いますが、一般の方であれば足首回しとか気持ち良く足首を動かす方が、簡単でわりとすぐに結果を実感できますよ。

ある意味適当に、気持ち良く足首周りを動かせば、今とは違った変化を即日で実感できるはずです。

ただ、こういった方法やストレッチングであっても、足首周りのところでお伝えしたように、

足首が太くなる根本的な原因を取り除かないと、足首は細くならない

ので、もっと視野を広げてやるべきことを見つめていく必要があると思います。

ちなみに、僕が行うセッションの中では、ほぼ足首のストレッチングはしませんし、あまり現場でストレッチングは活用しません。

それでも身体は十分変わるので、一般の方であればなおさらストレッチングにこだわる必要はないですからね。

④膝下などの循環が改善できていない

一般の方の多くは、

足首を細くしたい=足首に対して何かをする

というイメージでいろんな方法を実践していますが、足首よりも上にアプローチすることで足首が細くなることがあります。

例えば、膝窩リンパ節という膝裏のリンパ節がありますが、ここが詰まると膝下全体がむくんでしまうんですね。

この場合、

膝裏にアプローチすることで、足首が細くなる

ということが起こります。少し場所が離れているのでイメージがつきづらいかもですが、人の身体はこういうつながりがあるんですね。

足首だけにアプローチしてうまく細くならないのであれば、

  • 乳び槽(みぞおちにあるリンパ節)
  • 下腹部
  • 股関節(鼠径部)
  • 太ももの筋肉
  • ふくらはぎの筋肉

こういった足首よりも上の位置に問題が残っているかもです。基本的には、足首を細くしたい場合であっても、全身の循環の改善をしないと、足首は細くなりづらいですね。

⑤足首が緊張しっぱなし

ある40代のクライアントさんの歩き方を見ていると、なぜか足首がガチガチに緊張し、自然な動きができていませんでした。

この方の足首周りもよく浮腫み、パンパンに太くなっていましたが、一番の問題点は、

足首が緊張しっぱなしで歩いていた

ということ。足首が緊張していると、足裏全体で着地することができず、どうしても足のどこか一点で着地する確率が高くなります。

そうすると、地面から受ける衝撃をうまく脚全体に分散できず、ふくらはぎの筋肉が緊張して硬くなり、足首周りのむくみがひどくなる。その結果足首が太くなっていました。

この方の場合は、

  • 足首が緊張していることを認識させる
  • 筋肉を緩める
  • 足首をリラックスさせて歩く

ということをお伝えして実践すると、自然な歩き方に変わり、それだけで足首は細くなりました。

  • 足首周りの筋肉が硬い
  • 動作がまずくて足首が硬い

どちらかがあれば結果的に足首が太くなる可能性があり、この場合は、

足首周りの筋肉を緩める or 動きを改善する

ということをすれば、足首は細くなっていきますよ。

⑥体重支持ポイントがつま先側に偏っている

これもほぼ90%ぐらいのクライアントさんに見られたことですが、

体重支持ポイントがつま先側に偏っている

ということ。

人は、踝の真下に加重することが自然だと考えていますが、つま先に体重がかかるとふくらはぎの筋肉が硬くなります。そうすると、循環が悪くなり、結果的に足首が太くなる。

足裏の皮膚をみてもらうと、つま先付近に皮膚が硬くなって、黄色みがかっているところってないですか?

そこって、日頃から体重が乗っているところで、それがつま先付近にあることが足首が太くなる原因の1つかもしれません。

この場合は、体重支持ポイントを踵に変えると、今までと違った成果を実感できるはずです。立ち方は「立ち方を4ステップで解説【壁立ちはおすすめできない】」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

⑦正しい歩き方を意識している

僕は歩き方に関して、

“正しい歩き方”は存在しない

と考えていますけど、一般的な正しい歩き方というのは、

  • 胸を張って、肩甲骨を寄せる
  • 脚を前に踏み出し、踵から着地する
  • つま先で地面を蹴って、しっかり前に進む

みたいなことが言われていますよね。この歩き方をすれば、太ももの前側も張ってくるし、ふくらはぎも硬くなって、足首も太くなります。

僕の歩き方の考え方は、「歩き方の改善方法を4ステップで解説」で書いてますけど、基本は重心を前に運んで、全身はリラックスさせておけば自然に歩けます。

正しい歩き方

だけど、正しい歩き方といって部分的な動きに意識を向けすぎると、これも足首が緊張して、結果⑤でお伝えしたことと同じことが起こります。

身体って、リラックスしていると自然に動くようになっているので、あまり部分的な動きに意識を向けない方がいいですね。

正しい歩き方を意識している方は、歩き方そのものを変えれば、足首も細くなるはずですよ。

⑨仕事中に足首を動かしていない

これは足首を細くしたい方にぜひしてほしいことですが、

仕事中に、軽く足首を動かす習慣をつける

ということですね。仕事で座りっぱなしだと、大体15時過ぎたぐらいから脚がパンパンに浮腫み出しませんか?

これって、椅子に座って太ももが圧迫されているから起こるんですね。ですので、これをできるだけ改善するために、1時間に1回ぐらいのペースで軽く足首を動かす。

こういう習慣ってすごく大事で、足首を動かすとふくらはぎがポンプの役割となって、下からリンパ液を押し上げてくれ、結果的にむくみが改善されます。

そうすると、足首も細くなりますけど、こういう習慣がないと逆に足首は太くなりやすいし、週1~2回ジムに通っても、なかなか細くならないですね。

⑩毎日ケアをしていない

これは⑨と似ていますが、足首に限らず、身体を細くしようと思うと、毎日のケアが重要です。

特に現代人って静物化していて、運動不足。循環も悪くなっているし、仕事の内容上、同じ姿勢を長時間続けているため、筋肉も硬い。

こういった身体を放置していると、

  • 血流や循環が悪くなる
  • 体温が下がり、冷え性になる
  • 体温が下がることで、代謝も落ちる
  • 姿勢の崩れによって取り込める酸素量も減る
  • その結果、脂肪を蓄えやすくなり、むくみやすくなる
  • こういった結果、足首が太くなるし、全身太くなる

などのような悪循環が発生する可能性が高い。

こういった悪循環に陥らないためにも、毎日のケアをしてほしいなと思います。逆の言い方をすれば、毎日ケアをしていない場合、足首だけに限らず、身体は太くなってしまいます。

下半身のケア方法は、「ふくらはぎの外側が張り出す原因と4つの改善方法」や「脚が太い原因と脚やせする5つの方法をパーソナルトレーナーが解説」が役立つと思うので、これらを参考にしてみてください。

 

原因を取り除けば足首は細くなる

今回は、足首が細くならない10の理由をご紹介しました。

最初にもお伝えしましたが、足首を細くするための最善策は、

足首が太くなった原因をみつけ、その原因を取り除くような方法を実施すること

です。方法論が先行すると、自分に合っていることであれば結果は出ますが、その確率は非常に低い。

原因が分かった中で行う方法は確実性もありますし、1回である程度の変化が実感できるはずですよ。

今回お伝えした内容を見て、今の自分に当てはまることがあれば、ぜひ今やっていることを変えてみてください。そうすれば、足首は細くなりますからね。

今回の内容が少しでも、足首を細くしたい方の参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!