X脚を矯正してもうまくいかない理由と改善について

X脚を矯正してもうまくいかない理由と改善について
その他

スポンサーリンク

X脚を矯正しようとしても、一時的な変化が見られる可能性はありますが、根本的にX脚が改善できるわけではありません

うまくいくケースもあると思いますが、矯正=強制と言われるように痛みを伴ったり、ひどい場合は骨折するケースもあります。

X脚を改善するにはどうすればいいのでしょうか?それは、筋肉の緊張のバランスが崩れてしまっているので、それを緩めて整えること。そうするとX脚を改善することができます。

今日はX脚になる原因に対しての理解を深めていただき、そこから改善について考えていきたいと思います。

 


X脚になる原因

X脚になる原因は、脚の筋バランスが崩れてしまうからなってしまいます。とはいうもののこれではわかりづらいと思いますので、深堀をしていきます。

脚の筋肉の緊張のバランスが崩れる

例えば、太ももをイメージしていただき、内側と外側の側面があります。シンプルに言うと、太ももの内側の緊張が強くなれば太ももは内側に引っ張られX脚になり、外側の緊張が強くなればO脚になります。

本来は内側と外側の筋肉の緊張のバランスは整っている状態ですが、これが何かしらの原因で内側の緊張が強くなる。そうすると内側と外側の筋肉の緊張のバランスが崩れる。

こういう状態のことを筋肉の緊張のバランスが崩れると言っています。このように内側の筋肉が緊張している方は、X脚になってしまう可能性があります。

先天的にX脚の場合もある

ただ、筋肉の緊張のバランスの崩れのことだけではなく、先天的に骨の形状が変形しており、それが原因でX脚にように見えることもあります。

これは非常に稀ではありますが、実際にある症状です。もしそういう先天的な変形の疑いがある方は、調べておく必要があります。なぜならこういう方は、いくら筋バランスを整えたとしても、変わらないからです。

こういうことも可能性としてはあるということを知っていただきましたが、先にお伝えした脚の内側の緊張が強くなる原因というのは、どのようなことが考えられるのでしょうか。

 

脚の内側の筋肉を緊張させる原因

立つ、歩く、座る、階段を上る、下りる、椅子から立ち上がる、座る。

日常の中で行われる動作は主にこのような動作になりますが、これらはすべて脚の内側を緊張させる原因になる可能性があります。またランニングをされている方、趣味でスポーツをされる方、それらで行われる動作も原因になる可能性があります。

脚の内側が緊張する原因① 体重支持ポイントへの理解

人間は主に3点で体重を支えており、その位置は母趾球、小趾球、踵の3点になります。

この3点には以下のような比率で体重が乗ることが自然とされています。

体重分布

両脚で100%になり、体重の半分ずつを片足で支えている状態を表しています。

人間は1つのことしか意識できないため、これらの比率になるように立つためには、1つに意識を向けてこれらを実現できるようにする必要があります。

この3点の真中の位置に体重を乗せると、これらの比率になるためそのポイントで体重を支持できます。その位置が脛骨の真下になります。

マルカルドの体重分布図

ここに体重を乗せることで、上記の3点支持ができます。

そうすると、脚や身体にかかるストレスは局部的に受けるのではなく、全体に分散されるように受けます。

ただ、X脚で悩まれている方は、足の内側で体重を支えてしまっている可能性があり、この場合脚の内側が緊張してきます。少し極端ではありますが、足の内側に体重がかかると小趾側が浮き、このようになります。

足の内側に体重がかかる

よく母趾球で立つというようなことを聞きますが、このように認識で立っていると足の内側にストレスがかかるため、体重支持ポイントの認識によって脚の内側が緊張しX脚になる可能性があります。

脚の内側が緊張する原因② 立ち方

立ち方というのは、日頃何気なく立っているときに足の内側に体重がかかり、それによって脚の内側が緊張する可能性があります。

ご自身の中では、普通という感覚であまり何も感じていないと思います。ただ、客観的にいると足の内側に体重がかかってしまっており、それがX脚の原因になってしまうことがあります。

先ほどは足の裏のどこに体重を乗せるのかという認識の問題でしたが、この立ち方は癖の問題です。知らず知らずのうちに脚の内側に体重が乗ってしまっている場合、脚の内側が緊張してしまいます。

内側の緊張




脚の内側が緊張する原因③ 歩き方

歩くときに足の内側に体重がかかっていると脚の内側が緊張してしまいます。こういう歩き方をしている方は、母趾球周辺が硬くなっているはずです。

また足裏の状態は日頃の癖がよくわかるところであり、つま先のどこかが硬くなっている場合、そこによく加重して過ごしていることになります。

立ち方を見たときに足の内側で立っている場合、おそらく歩いても足の内側にストレスを受けるような歩き方をします。

足の内側に体重がかかる

こういった日頃の歩き方も、脚の内側が緊張してしまう原因となる可能性があります。

関連記事:脚は前に出さない?!歩き方を習得するための3つのステップと考え方について

インソールなどの影響

先日ちょうどあった話ですが、以前から脚の捻じれがあり、調整をすると元に戻りますが、次のセッションのときにはまた捻じれてしまいます。この理由が靴の中に敷いていたインソールが原因でした。

インソールには凹凸があり、それを敷くと母趾球辺りに体重が乗るようになります。

このインソール自体のコンセプトも、母趾球で立つ=健康みたいな言い回しをしていましたが、これが原因で脚が捻じれX脚のようになっていました。

ここからもわかると通り、日頃からどこで体重を支持するのかによって脚は捻じれてしまう可能性があります。

インソールなどを使用している場合、どれだけ脚を整えても、このインソールを変えない限りX脚などは改善されません。

こういったアイテムが原因で脚の内側が緊張するということも考えられます。

関連記事:O脚を改善するために靴を変えよう!靴が原因でO脚になることがある

 

X脚を矯正しても改善しない理由

X脚を改善しようと思うと、整体、マッサージ、ストレッチ、いろんな方法が思い浮かぶかもしれません。

その中のひとつの方法として、矯正があると思います。骨をバキバキ鳴らすようなイメージで、僕自身は非常に怖いイメージがあります。本当のプロフェッショナルであれば、問題ないと思いますが、近年問題になっているのが矯正によっての事故です。

最悪の場合、死に至ることもあり非常に問題になっています。X脚を改善するためには、矯正はどうなのでしょうか?

矯正=強制という考え方

矯正

実際に1度だけ高校のときに矯正を受けたことがありましたが、非常に首がしんどくなったことを覚えています。矯正は、強制であると言われるように、相手の状態を考慮せず矯正していきます。

そこで相手の身体が耐えられる以上の負荷がかかったときに骨が折れてしまう事故が発生します。

矯正について深く知らない身ですので、あまり多くを語ることは良くないと思いますが、矯正=強制だと考えると、X脚を改善するためにあるテクニックを強制的に行っても、改善しないことは容易に想像できると思います。

なぜなら原因のところでもお伝えしたX脚の原因は、筋肉の緊張のアンバランスです。これらを整えることに何が必要かを考えると改善策は考えられると思います。

矯正では筋肉の緊張は改善できない

YouTubeなどで矯正のことについて調べると、タイトルには“矯正”というキーワードは入っていても実際に行っているのが、ストレッチだったります。

これでもいいのですが、実際にストレッチのテクニックにしても、これらで筋肉を緩めることができるのかということが一番のポイントになります。

実際にあった動画こちらです。

本当に素晴らしい技術を持っている施術家であれば、矯正のテクニックを使っても筋肉を緩めることができるかもしれません。

X脚を改善するために重要なことは、矯正をすることではなく、筋肉を緩めて筋バランスを整えることです。それができるところに行くことでX脚も改善できるはずです。




 

X脚を矯正せずに改善する考え方と7つの方法について

ここからは、X脚を改善する考え方や方法についてお伝えしていきたいと思います。

原因を理解する

先ほどX脚の原因になるのは、立つ・歩くなどの日常生活であったり、スポーツ選手は着地などが原因になるとお伝えしました。

これは個人によって変わり、それらを明確にする必要があります。それらの原因を見つけ、理解することで改善方法が見つかりここからお伝えすることも役立つと思います。

まずはなぜX脚になってしまったのか、その原因をみつけ理解することが重要になります。

筋肉を緩め筋肉の緊張のバランスを整える

X脚になる原因は、脚の筋肉の緊張のバランスが崩れることだとお伝えしていきました。X脚を改善するためにはまず筋肉を緩め、筋肉の緊張のバランスを整えることです。

筋肉を緩めるためには、さまざまな方法がありますが、以下の7つの方法を参考にしていただければと思います。

本来はすべて2分行っていただきたいですが、時間がかかると思いますので、30秒~60秒で行っていただき、慣れてくると2分行ってください。

筋バランスを整える方法① 膝を内側に軽く動かす

  1. 仰向けになり膝を90度に立てる
  2. そこから、膝を軽く内側に動かす
    このとき、股関節の内側辺りの筋肉がクッと、緊張しないように軽く動かしてください。
  3. 元に戻し、この小さな動きを繰り返す

筋バランスを整える方法② 膝を外側に倒す

  1. 仰向けになり膝を90度に立てる
  2. そこから、膝を脱力するように外側に倒す
    倒すときには、脱力し戻すときはグッと勢いよく戻すというよりも、ふわ~っと戻すイメージで行います。
  3. 倒した膝を元に戻し、これを繰り返す

筋バランスを整える方法 脚を内側から伸ばす

  1. 仰向けになり、脚を肩幅程度に開く
  2. 片膝を90度に立て、緊張しない位置まで膝を内側に倒す
  3. そこから足を滑らせるように脚を伸ばしていき、元の状態に戻る
    脚を伸ばすという感覚よりも、リラックスして勝手に伸ばされていく感覚の方が適切な表現かもしれません。
  4. これを繰り返していく

筋バランスを整える方法④ 脚を外側から伸ばす

  1. 仰向けになり、脚を肩幅程度に開く
  2. 片膝を90度に立て、外側に倒す
  3. 外踝(そとくるぶし)を地面に軽くこするように脚を伸ばす
  4. 膝が伸びきると同時ぐらいのタイミングで太ももを軽く内側に捻り、最初の状態に戻す
  5. これを繰り返していく

筋バランスを整える方法⑤ 脚を内側から曲げていき外側から伸ばす

  1. 仰向けになり、脚を肩幅程度に開く
  2. 先ほど脚を内側から伸ばしたときの巻き戻しのように、膝を内側に倒しながら90度に曲げる
  3. そこから膝を外側に倒す
  4. 外踝を軽く地面にこするように膝を伸ばす
  5. 膝が伸びきると同時ぐらいのタイミングで太ももを軽く内側に捻り、最初の状態に戻す
  6. これを繰り返していく

筋バランスを整える方法 脚を外側から曲げていき内側から伸ばす

  1. 仰向けになり、脚を肩幅程度に開く
  2. 外踝を地面に軽くこするように膝を曲げていき、緊張する手前の位置で止め、膝を立て軽く内側まで動かす
  3. そこから踵を滑らせるように脚を伸ばす
  4. これを繰り返していく

筋バランスを整える方法 脚を左右に軽く捻るように動かす

  1. 仰向けになり、脚を肩幅程度に開く
  2. 脚を左右に軽く転がすようにリラックスして動かす
  3. これを繰り返す

この7つの方法で筋肉を緩めると、一度その場で立ってみてください。そうすると、脚がまっすぐ伸び、踵に体重が自然に乗ることがわかると思います。

あとは、この状態を維持させるために以下のことを理解し、実践していきます。

フラットに立つ

筋肉が緩められると、次に行うことはどこに体重を乗せて立てばいいのかということです。これは筋肉を緩めることで自然に理解できると思います。

上記でお伝えしたように、足の内側に体重を乗せて立ってしまうと筋肉の緊張のバランスは崩れてしまいます。重要なことは、フラットに立つことです。

そうすると脚や身体全体にストレスが分散され、筋肉の緊張のバランスも崩れません。

筋肉を緩めた後も、その状態を維持しやすく、捻じれが生じにくくなるため筋肉を緩めた後は、フラットに立つということを認識させていきます。

歩き方を理解する

次に理解することは歩き方です。

歩き方については、この記事で解説していますので、参考にしてみてください。

関連記事:ランニングで膝の痛みが発生する7つの原因と改善について

またここでは歩き方とお伝えしていますが、日常での動作を改善する必要がありますので、合わせてこちらも参考にしていただければと思います。

  • 階段の上り下りのときに出る膝の痛みは筋力強化では改善しない理由
  • <

    インソールやシューズなどをチェックする

    物質的な何かが原因の場合、それらを取り除くことです。それだけでX脚は改善されます。

    履き慣れたシューズも、時間が経てば変形してきてしまい、それを履くだけでX脚の原因になる可能性があります。ですので、今使用しているアイテムをチェックし、問題がないかどうかを確認することも重要です。

    関連記事:ランナー必見!シューズのサイズと痛みの関係について

    シンプルに改善する

    これらをすべて変える必要があるのかということですが、これも先ほどお伝えしたように原因が何かによります。立ち方が原因でX脚になっている場合、立ち方を変えることです。

    インソールなどはチェックしなくてもいいわけです。また歩き方に原因がある場合は、歩き方を変えるとX脚は改善できます。

    このように現場でもそうですが、お伝えしていることは読者の方々の背景が分からないので、いろんな方に読んでいただいても納得いただけるように細かくお伝えしています。

    ただ、現場では最もシンプルにお伝えするように意識しており、立ち方なら立ち方を改善する。

    そうすると身体が変わる、というようなイメージで、文章を読むと少し難しいかもしれませんが、実践するとなるとシンプルなことで十分だと思います。

     

    まとめ

    今回は、X脚を改善するために必要なことをお伝えしていきましたが、いかがでしたでしょうか?

    X脚に悩む女性は多くいると思いますが、みなさんヒールやシューズが変形していたり、足裏に硬くなっている部分があります。みなさんはどうでしょうか?それが、日頃体重がかかっている箇所であり、そこに体重を乗せて過ごしているということです。

    本来であれば衝撃などは分散され、足裏は柔らかい状態です。足裏をチェックしていただき、硬い部分がないかどうかを確認してみてください。

    もしあれば、日頃の立ち方や歩き方を変えることで、悩んでいるX脚が改善できるかもしれません。

    今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

    この記事がお役に立てたら
    いいね ! してね!

    Twitter で

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。