脚が細くならない4つの原因と改善方法をご紹介!筋トレしてる人は必見です!

脚が細くならない4つの原因と改善方法をご紹介!筋トレしてる人は必見です!
その他

スポンサーリンク

何をしても脚が細くならない。太ももの外側の張りが気になってるけど、ストレッチをしてもマッサージをしても引き締まらない。

そんな脚の悩みを抱える方がいると思いますが、なぜいろんなことを試しても脚が細くならないのでしょうか?

それはシンプルなことで、

脚が変わらないことをしている

ということです。太ももの前側の張りや外側の膨らみで悩んでいる方は、改善することはできます。それはストレッチを行う、マッサージをするという方法論が大事なのではありません。

今回は、脚が細くならないと悩む方に向けてお伝えしていきたいと思います。


脚が細くならない4つの原因とは?<

ストレッチばかりしている

二の腕

これは非常に多いと思いますが、

脚を細くしたい=ストレッチ

ということです。これをもう少し突っ込んで聞いていくと、

ストレッチ=何を目的にしている?

と考えたときに答えって出てきますか?おそらくあまり出てこないのではないでしょうか?ストレッチ=脚を細くではありません。

ここが大事なんですね。ストレッチの目的は、筋肉を緩めることですが、太ももは緩めることで確かに細くなります。

ただ、次に問題になってくるのがそのやり方です。ストレッチはいつもお伝えしていますが、非常に難しいテクニックですので、脚を細くするためにはあまり向いていません。

それだったら筋肉を揺らしたりする方が簡単に緩めることができます。特に太ももの前側の張りで悩んでいる方は、太ももを揺らすことで張りは改善します。

脚を細くするためにストレッチをやるのではなく、筋肉を緩めるためにストレッチを行う。そのためどのようにやればいいのかを理解し実践する。

ここまで考えてやれば効果を感じることはできるかもしれませんが、ストレッチ=脚やせにはならないので、方法を変えた方がより脚は引き締まると思います。

筋トレをしている

筋トレ

太ももの前側の張りについては、筋肉が緊張しているので、そこにさらに筋トレで刺激を加えるともっと張ってくる可能性があります。

また太ももの外側の膨らみや張りの原因は、股関節が捻じれることで膨らみができているため、鍛えることではなく、股関節周辺を緩め、股関節の捻じれを改善することで引き締めることができます。

筋トレをするだけでは脚はなかなか引き締まりませんし、逆効果になってしまうこともあります。

  • 何を目的にするのか
  • どんなトレーニングをするのか
  • どのようにするのか

こういった具体的なことを考えてトレーニングをしないと、結果はなかなか出ません。もちろん筋トレが適切にできると脚を引き締めることができますが、そのための条件をしっかりと理解する必要があります。




リンパマッサージをしている

プロに任せる

脚を細くする目的で、リンパマッサージやエステに通っている方もいると思います。

エステだと、

などがありますが、こういったエステに通ってリンパマッサージをして脚が細くなる方は、むくみで脚が太くなっている方がメインです。

脚が太くなる原因って、

  • 筋肉が太くなっている
  • 関節が捻じれている
  • 脂肪が多い
  • むくみが多い

などいろんな原因があって、この原因を見極めて方法を選択することが大事になります。この中であれば、むくみが多い場合はエステに行ってリンパマッサージをしてもらうと、改善できると思います。

また、厳密にはエステに行くだけでは脚のむくみも継続的に改善できなくて、行っていない期間にむくみが改善された状態を維持する必要があり、その維持させることをしておかなければまたむくんでくるはずです。

ここまで考えて実践してはじめて脚を細くすることができます。むくみの改善については、こちらを参考にしてみてください。

ふくらはぎのむくみの8つの原因と改善方法について

マッサージをしている

これはすべてに共通することでもあるんですが、何かの方法をすれば脚が細くなることもありますが、ほとんどの場合うまくいきません。

なぜなら、脚が太くなる大きな原因の1つに日常の姿勢や動作が関係しています。例えば、日頃から脚を前に出して歩く意識がある方は、それが太ももの前側の張りの原因になります。

またつま先に体重を乗せて立っていたり、歩いている場合、太ももの前側もそうですが、ふくらはぎもパンパンに張り、太くなる可能性があります。

マッサージは筋肉を緩める目的で行うケースもありますが、こういった方法をいくらしても、根本原因である日常での姿勢や動作を改善しない限り、脚は思ったように細くなっていきません。

大切なことは、

なぜ脚が太くなるのかという原因を掴むこと

です。それがわからないまま方法を求めてしまうので、ある方法は効果がある、ある方法は意味がないなどという方法論ばかりに縛られてしまいます。

おそらく脚が細くならない原因をあげると、まだまだ出てくると思いますが、切りがないのと具体例を挙げても仕方がないので、ここで一区切りにしますが、脚の悩みを抱える方に本当にお伝えしたいことはここからです。

 

そもそもなぜ脚が太くなったのかを考えてほしい

そもそもなぜ脚が太くなったのかを考えてほしい

もしかすると、面倒だと思う方もいるかもしれません。ただ、脚を細くする上では最も大事なことなので、改めてお伝えしたいと思います。

僕が考える脚が太くなる原因は主に4つです。

  • 関節の捻れや姿勢の崩れ
  • むくみ
  • 脂肪が多い
  • 筋肉が多い

この4つだと思います。

関節の捻れや姿勢の崩れ

太ももの外側の膨らみや内側のたるみは、主に関節の捻れが影響しています。またふくらはぎの外側の張りも、関節の捻れが影響しています。

具体的にはそれぞれの部位の記事をご覧いただきたいと思いますが、今読者の方が見ている自分の脚って、おそらく太く見えているんですね。

関節の捻じれを改善すると、本来あるべき位置に脂肪や筋肉が戻ると、脚は細くなります。関節の捻れを改善するためには筋肉を緩めることです。

そうすれば脚はまっすぐになり引き締まるため、筋トレなどはこの段階では必要だと考えていません。筋肉を緩め、関節の捻れを改善する。そして、日頃の姿勢や動作を改善することで脚を細くすることができます。




ほとんどの女性はむくみを改善すれば脚が細くなる

これは現場からもはっきりわかっていることですが、ほとんどの女性は脚のむくみを改善すれば脚を細くすることができます。

なぜならほとんどの女性は脚がむくんでいるからです。むくみを改善するためのポイントですが、椅子に座った状態で脚をいくらマッサージしてもうまくむくみは改善できないそうです。

仰向けになって腹式呼吸を繰り返しているとむくみを改善することができます。さらに、身体のむくみを自分で改善したい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事:ふくらはぎのむくみの8つの原因と改善方法について

脂肪が多い場合はダイエットが必要

脂肪が多くて脚が太くなった場合、手っ取り早い細くしようと思うと、ダイエットが一番すすめられます。

なぜなら脚が脂肪が多くて太くなっているので、ダイエットをすれば脂肪を減らすことができるので、それだけ変化もより感じられるはずです。

ご自身でダイエットしたいという方は、こちらを参考にしてみてください。

関連記事:半日断食をして8kgのダイエットに成功した記録のまとめ

また、自分ではどうしてもダイエットできないという方は、シェイプス 【RIZAP】 に行って指導してもらってください。この2ヶ所の指導であれば、間違いなくダイエットはできます。

それなりのきつさがありますが、2ヶ月という短い期間で変化を感じれるので、脂肪が多い方は行ってみるのもありですし、より早く脚は細くなっていきます。

筋肉が太くなっているなら落とす

ジムでトレーニングを一生懸命し、脚やせを目指したけどもなぜか太くなってしまった。こういう方もいるかもしれませんが、これはジムで行ったトレーニングメニューが太くなるような内容だったということです。

太ももやふくらはぎの筋肉そのものが太くて悩んでいる方は、その筋肉への刺激を徹底的に抜いてしまえば筋肉は細くなり、適切なサイズになります。

太ももの前側なんかも、歩き方を改善することで細くなって、逆にヒップアップできたりします。

このように、今自分の脚がなぜ太くなっているのかということを見極めることができると、それぞれ別々の改善方法になることが理解できると思いますし、脚が細くなるイメージがついてくると思います。

最後に改めて、部位ごとに改善方法を載せた記事をご紹介しておくので、それを参考に改善に取り組んでみてください。

 

まとめ

脚が細くならないと悩んでいる方は、まずは自分の脚がどのようになっているのか、なぜ太くなってしまっているかを知ることが重要となります。

その原因は、先ほどあげた4つが考えられます。そして、原因が分かれば、基本的にはまず筋肉が柔らかく捻じれのに自然体に直すことです。

自然体に直し、そこからダイエットやトレーニングが必要な方は、行っていく。それと同時に、姿勢や動作を改善することです。

こういう流れで脚を細くする方法として取り組んでいただくと、より変化も実感できると思います。ぜひ、方法論だけにとらわれず、まずは何で太くなっているんだろう?ってところを改めて考えていただきたいなと思います。

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。